プロフィール&FXを発信する理由

はじめまして。なおきと言います。

この度は当サイトに訪れて下さりありがとうございます。

このページでは私がどんな人物なのかを自己紹介させて下さい。

また、私は自分自身は株式、FX、投信、債券、先物、オプションなど金融商品全般を取引していますが、FXを中心とした発信をし、講座を開いています。
そこには深い理由がありますので以下で説明しています。是非こちらもお読み頂ければ嬉しいです。

自己紹介

【ニックネーム】

なおき

【サイトタイトルの由来】

All directions と付けたのには意味があります。

直訳すると「全ての方角」

要は

「投資の基礎知識をベースをしつつも、それのみならず今まで得てきた知識を使い、色んな角度から物事を分析し、それを読者の方に還元していきたい」

という思いから付けました。

【性格】

怒ったところを見たことがないと言われますので、温和な性格だと思います。

一方で頑固なところもありますが、そこは直していかないといけないな、と気をつけています。

あと、嘘がつけなく、真面目だと言われます(褒め言葉だと受け取っていますw)

【仕事】

京都大学在学中に公認会計士試験に合格。公認会計士として監査法人に勤務の後、経て独立。
投資教育家であり現役のトレーダー、幅広くお金のことをお伝えするFPでもあります。

【趣味】

旅、読書、波乗り、英語学習、数学、Python

実は英語は昔、殆ど興味がありませんでした。テストで点数が取れればOKといった感じ。
それが変わったのは、沢木耕太郎の「深夜特急」を読んでからでした。


「いつか世界中を旅したい。その為には英語がしゃべれないとコミュニケーションも取れないぞ…..」と感じ、本格的な英語学習をスタートしました。


そして世界中を旅する間に、世界各地に友達が出来ました。今でも日本に来てくれた時にアテンドすることが年に1回ぐらいあります。

そこから「もっと正確に情報を伝えて、気持ちを通わせたい」との思いが強まりました。

それからはリスニング、スピーキングを中心に英語学習を継続しています^_^

【好きな野球チーム】

阪神タイガース

遠いので中々行けませんが、数年に1回は阪神甲子園球場へ足を運んで応援しています!

【好きな本】

ビジネス書、学術系専門書、小説、漫画などジャンルを問わず色々読んでいます。

小説は東野圭吾氏 

ビジネス書は「イシューからはじめよ」(安宅和人氏)

教養書は「思考の整理学」(外山滋比古氏)

専門書は「マクロ経済学」(Paul Krugman氏)

がお気に入りです。

仕事をしていく中でリベラルアーツの重要性を肌で感じていますので、その分野も少しずつ知識を深めていければ。

【好き嫌い】

干し椎茸だけは食べられませんが、それ以外は何でも美味しく頂きます。

和食、日本酒、ワインが特に好きです。

【今後の楽しみ】

世界中の波のいいサーフスポットを巡りたいです♪

大切にしている言葉

ペイ・フォワード
一期一会
反省はしても後悔はしない

【人生の目標】

今まで色んな人に与えてもらった経験を、

少しずつでも社会に還元していくことです!

影響を受けた人々

一見すると華やかな経歴だと思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし実際には色々紆余曲折を経て現在のポジションで活動しています。

私が今まで影響を受けた人は数知れません。

その中で特に今の私を形作ってくれた人達を、

感謝の意味も込めて、簡潔にですが挙げさせて下さい。

1.両親

私は両親を一番尊敬しています。

人を思いやる心、人生で大切にしないといけないのは何なのか、

という根本的な問いへの答えを行動で教えてくれました。

2.小学校の担任の先生

当時私は勉強もしない、先生の言うことも聞かない「ダメな子」でした。

しかしその先生は、

人としてやってはいけないことは注意しますが、それ以外は生徒の長所を見つけて伸ばす、

そんな教育理念を持った方でした。

その先生のお陰で未知のことを知る楽しさを教えてもらいました。

3.会社員時代の上司

この人からは「プロフェッショナルとしての仕事とはどうあるべきか」

という大切なことを学びました。

物腰は低く、口調も柔らかいのですが、報酬を頂いている専門家として

主張しなければいけない点はきちんと主張する。

そして部下である私達に対しては、一人のプロフェッショナルとして敬意をもって接してくれました。

その人と一緒に働くことが出来た自分は大変幸運だと感じています。

現在の投資教育家としてのスタイルの基本はその上司から学んだことです。

依頼をもらったクライアントへ誠意を尽くす、部下や同僚が気持ちよく働けるチーム作りなどを態度で示してくれました。

まだまだ名前は挙がるのですが、このぐらいで留めておきます。

このような人達やクライアント、友人など色んな人から知識を得て、貴重な経験をさせてもらいました。

それを今度は私が社会へ還元すべくこちらのサイトを立ち上げました。

当サイトでお伝えする内容

具体的にはこのサイトを通じて以下のことをお伝えしていきます。

1.FXを通じた効率的な資産運用の方法

投資は大変面白いものですし、銀行に預けておくより遥かに大きなリターンを得られるチャンスがあります。

その一方で元本を割るリスクもあります。

これらリターンとリスクを上手く管理することが投資においては非常に重要となってきます。

具体的な投資方法、資金管理、メンタル面など投資に必要な知識を解説していきます。

2.仕事・生活を効率的にする方法

人生において時間は平等に与えられたもので有限です。

できれば、仕事に限らず、人が生活をする上でその大切な時間を効率的に使いたいものです。

新入社員から経営層、または起業家の方まで幅広く使える技術をお伝えしていきます。

3.その他私が世の中に還元出来るもの全て

今まで生きてきた中で、

多くの方から学んだこと、

また自分で試行錯誤しながら身につけてきた知識・経験があります。

それらを全てお伝えしてきます!

なぜFXを中心に発信をするのか

資産構築の方法は何通りもあるけれども
私のスタンスとしては


・FXで、ある程度短期的なトレードで利益を得つつ、
・積み立てNISAなどの制度を利用しつつ投資信託を毎月定額積み立てていくことで長期的な資産を構築する

この両面がこれからの時代、不可欠だと感じています。


そしてFXについては本来”リスク管理がしっかり出来ていれば”

1万円以下という少額から始められ、
24時間取引ができ(祝日も可。土日は取引不可)、
投資資金を大幅に増やすことができる可能性を秘めた、
大変優れた金融商品です。

実は”リスク管理がしっかり出来ていれば“が非常に大切なポイントなのです。

日本では金融・投資教育を受ける機会がないため、世界的に当たり前となっているリスク管理が浸透していません。

一回の投資で、投資用資金の 何 % がマイナスとなったら、ロスカット(損切り)すべきか、知っていますか?

少しご自身で時間をとって考えてみて下さい。

.

.

.

はい、ありがとうございます。
正解は 2%です。

50万円の投資用資金があるなら、1万円の損が出た時点でロスカット(損切り)すべきなのです。

これは一般的な金融・投資教育を受けたものなら誰でも知っている共通認識です。
2%より上げると破産の確率が高くなってきます
(破産の確率とは、自己資金、勝率、一回あたりの許容損失などから、投資が続け続けられるかを統計的に計算したものです。)

しかし、日本人の場合、実に9割が破産の確率100%の状態で投資をしています
つまり投資をする前から破産することが判明している状態で、投資を行っているのです。。。

だからこそ、きちんとしたリスク管理(ロスカット水準、一回あたりの投資額の決定など)が何よりも大事なのです。

さて、ここで少し話を戻します。
では株式でロスカットの練習がしやすいのかを考えてみたいと思います。


株式だと執着してしまって(いわゆる銘柄惚れ)、中々ロスカットが出来ないことがありますし、サラリーマンがやろうとすると、9時から15時の株式市場と労働時間が被ります。

しかし、FXだと通貨の組み合わせに過ぎないので執着せず、ロスカットの練習がしやすいですし、早朝、夜にも取引が出来るので上達が早いのです。

ただ、これだけのメリットがありながらFXには”怖い”という悪いイメージがついています。

“怖い”というイメージは投資中の基礎である、先ほどお話したリスク管理が出来ていないからに他なりません。


リスク管理はFXのみならず、株式投資にも必須のスキルです。

ただ株式投資はレバレッジをかけなくて現物のみの取引をしている人が多い為、下がったら塩漬けしていればよい、と思っている人も少なくありません。

株式投資も本来なら、リスク管理をして、ある一定以上は下がったらロスカットをして、他の伸びそうな株式へ投資資金を回した方がいい。

しかし、日本人は塩漬けに慣れきってしまっている為、残念ながらいつまでもリスク管理が身に付きません。

本来FXはレバレッジというアクセルリスク管理というブレーキを使いこなすと、
遥かに安全、かつ安定的に収益をもたらすものです。

また、”怖い”と感じる理由のもう一つの大きな理由は、変な商材、情報が多すぎるからとも言えるでしょう。
私がSNSを使っていても、”絶対儲かる” “収益率何百%””誰でも1日5分で”など、ありえない情報が沢山並んでいます。

このような怪しい情報ではなく、正しい情報をきっちりお届けしたいという思いからこの発信を始めています。

FXのトレードはスキルの習得の一種です。
資格の勉強や自動車の運転と同じく、

  1. 基礎を学び(自転車の運転方法を本で学び)
  2. 練習をし(教習所内で練習し)
  3. 実践を行い(仮免許で、公道を走ることで実践をし)
  4. 実践で得た反省を次へ活かしていく(教習所内で出来たのに、公道で走った結果、出来なかったことがあればその理由を考え、次の実践へ活かします)


つまりPDCAサイクルが欠かせません。

このサイトでは
・FXは「どんなものなのか」
・スキルを身につけると、どんな分析ができるようになるのか
・その他の金融商品を使ってどのような資産構築が可能になるのか

について正しい情報を発信していきます

それこそが日本の投資リテラシーの底上げになると信じています!

まとめ

この発信を通じて、皆さまの暮らしが

今より少しでも生き生きと、豊かになる一助となれば幸いです。

2021年3月14日

なおき 豊かな自然に囲まれた自宅にて

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました